読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

元リケジョがママになりました。

元研究者の、ちょっと変わった視点で見た「世の中」を綴ります。

風呂敷買ってみた件。

カテゴリー無し。

こんにちは、コガです。


今回は、風呂敷の話題。

最近は風呂敷をつかった色々な包み方が紹介されているので、ちょっと興味があって買ってみました。

以前は実家に風呂敷がたくさんあったのでよく使っていました。といっても、温泉宿で服などをさっと包んで部屋から温泉に行くとか、旅行のときに下着や靴下等を包んで分類するといったかんじ。それだけの用途でしたので、最近のわが家ではエコバッグとかトートバッグに取って代わられていました。

でも風呂敷ってもっともっと奥深いものなんですね。

色んな形のものを上手に包んだり、旦那の大好きな一升瓶を包んだり、ギフト用のラッピングになったり、バッグになったり。

包装紙のように使い捨てではなく繰り返し使えて、レジ袋のように無機質ではなくて温かみがあって、すごくいい!


ということで、わが家でも風呂敷を買ってみました。

そして早速、旦那の大好きな一升瓶と、そのへんにあった1.5リットルのペットボトルを包んでみました。

f:id:ssca:20150222112917j:plain

一升瓶のほうは大きいサイズの風呂敷、ペットボトルのほうはやや小さいサイズ(トラベルサイズ)の風呂敷です。

うーん、素敵!
持ち手つきで、しかも安定感抜群です。
ビニール袋だと、重いものはビニールが指にくいこんで痛いことがよくありますが、これは全然痛くない。
中が見えないのもいいですね。

スーパーで使うのはなかなか勇気がいりますが、エコバッグに入りきらなかった、旦那の大好きなビール6缶パックなんかをさっと包んで持って帰る、なんて使い方に良さそうです。

せっかくなので、もうちょっと包み方の勉強をしてみようと思います。


風呂敷つつみ A Complete Guide to Furoshiki (Japanesque)

風呂敷つつみ A Complete Guide to Furoshiki (Japanesque)