読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

元リケジョがママになりました。

元研究者の、ちょっと変わった視点で見た「世の中」を綴ります。

子供を産むということ 番外編 お世話になった抱っこひもたち

子供を産むということ

 

こんにちは、コガです。

 

赤ちゃんのお世話には必須なアイテム、抱っこひも。

初めての育児ではどれがいいかわからないものです。身近に先輩ママがいればオススメの抱っこひもを聞けるのですが、先輩ママがいなければ手探りで選ばないといけません。
私も手探り派でした。そもそも抱っこひもの重要性を知らず、「とりあえず横だっこ、縦抱っこができるやつを友人からもらったからそれで十分だろう」と思っていました。
でも実際にだっこ生活が始まってみると…。
合わない抱っこひもだとすぐ腰や肩に負担がかかり、ほんとにほんとに辛い。逆に合ったものに出会えば、何時間でも抱っこしていられる。こんな抱っこひもに出会った時はほんと、感動ものでした。この感動を語りたくて、私が使った抱っこひもを紹介したいと思います。
抱っこひもは毎年進化しています。この記事も来年には時代遅れかも・・・。参考程度にご覧いただければと思います。

 

ニンナナンナの抱っこひも(昔のタイプで、名前を忘れました)

横抱っこ、縦抱っこ(対面も前向きも)、おんぶ等、いろんな使い方ができる多機能タイプ。友人から譲り受けたもの。ニンナナンナのサイトを見ても載っていないので、現在は販売されていないようです。結構重厚で、重さもボリュームもありました。背板はしっかりしていて、横だっこ、縦抱っこ(対面、外向き)、おんぶが出来ます。赤ちゃんを抱っこひもにセットしてからベルトを通して背負うカタチ。
新生児のときは、横だっこが基本です。これはどの横抱っこひもよりも安定感が断トツでした。ただし肩には負担がかかるので、長時間の着用はしんどかったです。

ニンナナンナの今販売している抱っこひもは、軽量化されて、着用がだいぶ楽になっているようです↓

 

コンビ ニンナナンナ ラキュピット ファーストLA ソフトブラック BK

コンビ ニンナナンナ ラキュピット ファーストLA ソフトブラック BK

 

 

 

アップリカ ピッタ

新生児用に横抱っこもできて、縦抱っこもおんぶもでき、しかも軽量の多機能型抱っこひも。私は主におんぶ用として使っています。生後4ヶ月くらいからでしょうか?家事中にムスメがギャンギャンなきはじめたらこれでおんぶして家事をしていました。おんぶしているうちスヤスヤ寝てしまいます。
おんぶは赤ちゃんを抱っこひもにセットして、リュックのように背負うだけ。簡単だし落下の心配もなく安心!
縦抱っこ、横だっこにも対応していますが、他の抱っこひもに比べると肩への負担が大きかったので、抱っこには別のものを使用していました。

こちらも今は販売していませんが、こういうタイプのものを使用していました↓

 新生児のときに新生児シートなしで横抱っこしたのですが、抱っこひもの素材が柔らかく、ちょっと腰と首が不安定でした。新生児のうちは新生児シートがあったほうが良いかもしれませんね。

 

今はアップリカから腰ベルトタイプでおんぶもできる抱っこひもが出ているみたいですね。芸能人のくわばたりえさんがご愛用でブログに紹介していました。抱っこの楽さはエルゴにはかなわないそうですが、おんぶの装着が楽だそうです。

 

Buddy buddy 

昔ながらの抱っこ&おんぶひもです。バックル等はなく、ひもで結ぶタイプ。うちの母は慣れているからといってこれを使用しています。小型軽量。肩、腰で負担を分散するので結構楽です。お洗濯もサッとできます。ただし装着の仕方にちょっとしたこつがあります。左右対称に、うまく装着できるようになるには経験が必要みたいです。

バディバディ Buddy Buddy デニムヒモタイプ ネイビー A0910

バディバディ Buddy Buddy デニムヒモタイプ ネイビー A0910

 

 

 

エルゴ「ベビーキャリア」

生後6ヶ月頃でしょうか、なんとなく抱っこひもの口コミを調べていたら、エルゴの抱っこひもを見つけました。すでに抱っこひもは持っていたし、値段がそれなりなので買うのをためらっていましたが、楽だという口コミが目立っていたので購入してみました。
使ってみたら…断トツで楽!重心がまっすぐ足にかかるので、負担が「分散」どころか「ほとんど無い」レベル。対面抱っこの場合は装着も簡単。おんぶの場合は装着にちょっとコツが要ります。インサートを使えば新生児からOKだそうですが、ちょっと装着が難しいのと、首への負担を考えると生後2ヶ月くらいまでは別の抱っこひもで横だっこのほうが良いなかなと思います。首が据わって背中まで安定してくる4ヶ月以後はインサート無しで使用できます。

 

もっと早く出会っていればよかった。
ちなみに、このブランド、人気すぎて偽物が出回っているらしいので注意です。

巷ではほとんどの人がエルゴです。

 

 

 私が買ったものは前向き抱っこができなくて、前向き好きな次女には苦労しましたが、最近は前向き抱っこもできるタイプも販売されています。

 

 

 

 

ラクーナ「だくーの」

二人目を妊娠して、腰ベルトがあるエルゴが使えなくなったのでこちらを購入。これも凄く楽!長時間抱っこに耐えられます(エルゴほどではありませんが・・・)。しかも超小型軽量。服の一部みたい。この抱っこひも、ベルトやバックルが無くサイズ調節できないので抱っこする人の体型に合ったサイズを選ぶ必要があります。

対面だっこ専用、首が据わった頃から使用できます。首がすわっていなくても、手で首を支えれば使用できるそうです。

装着は慣れれば簡単。畳むととにかくコンパクト。オムツポーチと同じくらいのサイズになります。持ち運びに便利。

お値段も、エルゴ等の多機能タイプよりだいぶお安くなっています。

 

今やエルゴの抱っこひもはパパ用、これはワタシ用になっています。

 

抱っこ紐「ダクーノ」・抱っこ紐「だくーの」|ラクーナ

 

 

ベビービョルン

 

こちらは使ったことありませんが、新生児から使える優れものらしく、最近ちょくちょく見かけます。

エルゴのように新生児インサートが必要、なんてこともなく、首までがっちりガードする安心設計。

ただし、赤ちゃんが大きくなると窮屈になって、エルゴに軍配が上がるらしいです。

 

ベビービョルン【日本正規品保証付】 ベビーキャリア ONE? Air ブラック 093125

ベビービョルン【日本正規品保証付】 ベビーキャリア ONE? Air ブラック 093125

 

 

 

 

マンジュカ

 

これも使ったことありませんが、エルゴとほとんど同じ機能で、新生児対応している優れものらしいです。

ヨーロッパではかなりメジャーな抱っこひも。ぜひ使ってみたかった…!

 

 

 

ワタシの抱っこひも使い分け

抱っこひもは結構なお値段しますので、できれば一つで完結したいところですが、手探り派だった私はいくつも抱っこひもを所持する結果となってしまいました。

せっかくなので、今ではそれぞれ使い分けています。

・新生児(生後2か月未満)の横抱っこ:アップリカ ピッタ

・新生児(生後2か月以降)の縦抱っこ:エルゴ+インサートまたはだくーの

・姉(2歳)の抱っこ(パパが抱っこする場合)、おでかけ用:エルゴ

・姉(2歳)の抱っこ(私が抱っこする場合)、おでかけ用:だくーの

・おんぶ:アップリカ ピッタ

・実家に子供を預けたとき、母が使用する(実家に常備):buddy buddy

 

なんだかんだ言って結構いろいろ使っています。多機能タイプでも一長一短あるし、子供も親も複数いれば、抱っこひもも複数あると楽なものです。

 

 

ぜひ、パパと一緒にお店に行って、店舗によくおいてある「赤ちゃんの重さの人形」を使いながらいろいろと試着することをお勧めします。

 

 

 

追伸:

抱っこひもでのお出かけの場合、特に新生児は首や背への負担に注意する必要があります。首すわり前は基本的に横抱っこで手を添えて。首がすわってからもしばらくは、縦抱っこしたときに首を支えてあげたほうが良いそうです。また、何歳になっても、縦抱っこで寝たときに脱力して首ががくんとなる場合がありますが、そのままで歩いたりすると首に負担がかかります。首を支えるカバー等はありますが、できるだけ手で支えてあげるようにしたほうが良いそうです。

・・・とはいっても、「首や背骨に負担がかかるからどうのこうの・・・」という話はよく聞きますが、負担がかかったらどんな症状や障害が出るか(もしくは出ないのか)はあまり耳に入ってきません。抱っこひもで赤ちゃんの頭がぐらぐらした程度では揺さぶられっこ症候群になるわけでもなさそうですし。神経質になることはないと思いますが、「つかれたー」とか、自分の意思をうまく伝えられない赤ちゃんのことを思って、なるべく負担がかからない方法で抱っこしてあげたいなと思う昨今です。

 

 

 *この記事は2016年5月に追記・編集しました。

 

次:子供を産むということ その12 産後3~6か月、成長編 - 元リケジョがママになりました。

前:子供を産むということ その11 産後3~6ヶ月のお出かけ事情編 - 元リケジョがママになりました。