読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

元リケジョがママになりました。

元研究者の、ちょっと変わった視点で見た「世の中」を綴ります。

子供を産むということ その10 産後1~3ヶ月までのキロク

子供を産むということ

 

こんにちは、コガです。
妊娠、出産、育児にまつわるアレコレを、経験を交えてまとめ、いつか誰かのために(主に忘れっぽい自分と、ムスメのために)綴っています。
今回は産後1か月~産後3か月のキロクです。

 

 ■ パパの寝不足

 ■首が据わった?

 ■耳が匂う

 ■3ヶ月健診


パパの寝不足


生後2ヶ月までは昼夜区別なく2~3時間おきの授乳が続きます。ママは授乳によってホルモンが分泌され、短くても質の良い睡眠がとれるような仕組みがありますが、パパはそうはいきません。


生後1ヶ月から私とムスメが自宅に戻り、パパとの生活がスタートしてからは、パパは夜起こされて寝不足のままお仕事に、という日々が続きました。
パパ、寝ててもいいんだよーと言ってはいたのですが、やはり同じ部屋で泣かれると起きてしまいますよね。それに娘はパパの縦抱っこが大好きだったので、残念ながらパパは寝かしつけ担当になってしまいました。しんどいとも嫌だともひとことも言わずつきあってくれたパパに感謝です。

生後2ヶ月をすぎると急に夜まとまって寝ることが増えてくると言いますが、うちの娘も比較的早い時期からまとまって寝ることが多くなってきました。生後2ヶ月頃には6~7時間寝ることがちらほら、生後3ヶ月頃になるとほぼ毎日8~10時間寝るように。夜寝るようになる時期は人によって違うようで、1歳近くになっても夜中に起きる子もいるし、1歳までは夜よく寝ていたのに、急に夜中起きたり夜泣きが激しくなったり、ということもあるそうです。寝てくれたらラッキー!という感じです。

一方で、困るのがお乳の張り。6時間も授乳があくと、お乳がパンパンになって痛くなります。ムスメやパパは寝てても、私はこっそり起きて搾乳です。
このころはお乳は十分量だったので、搾乳は冷凍保存していました。冷凍庫がお乳でいっぱいいっぱい。なかなかの壮観です(笑)

 

首が据わった?

3ヶ月近くなると、首がしっかりしてきます。首を支えずに縦抱っこしていても、自力でまっすぐを保てるように。でもまだ油断するとがっくんとなるのでドキっとします。
首がすわったかどうかの確認は、

仰向けに寝かせた状態から両手を引っ張って起こす時に、途中から首がついてくる②うつ伏せにしたとき、胸のあたりまで持ち上げることができる

だそうです。

首がすわったら抱っこひもで縦抱っこできる!と思いがちですが、首のすわったばかりはまだ安定しないし歩く振動に弱いので、4ヶ月くらいまでは横だっこか、縦抱っこであれば各抱っこひもメーカーが販売している新生児用のインサート(首を支えるやつ)を使用したほうがいいそうです(と、エルゴの正規販売店の販売員さんが言っていました)。

 

お散歩

母子手帳や市で配布する育児の手引には、1ヶ月を過ぎたら、特に暑い日や寒い日、花粉の多い時期、雨の日でなければ、少しずつ外気浴をさせましょう、とあったので、
1ヶ月をすぎたころから、横だっこひもで家の周りをうろうろし始めました。ちょっと新鮮。当時は原発事故後で近所の公園は順々に除染作業をしていた段階。公園の入り口に線量モニタ値が毎週記入されていました。線量が低くても公園は閑散としていて、「公園デビューはソロデビューに終わりました。今でもあのちょっと寂しい雰囲気、よく覚えています。

 

耳が臭う

3ヶ月頃でしょうか、耳がぷーんと臭うようになりました。黄色っぽい耳垢も。念のため耳鼻科でみてもらいましたが、特に心配はいらないとのこと。胎児だったときの汚れが出てきているそうです。

実は、赤ちゃんの耳はなるべくいじらないほうがいいそうで、お風呂のあと綿棒でちょいちょいやることも必要無いそうです。ぬれたら外側をタオルでふくくらいでOK。あまり耳をいじると、赤ちゃんも気にして耳をいじるようになるよ、と言われました。耳には自浄作用があるそうなので、汁っぽいものさえなければ何もしなくて大丈夫、だそうです。

 

予防接種

生後2ヶ月から、怒涛の予防接種ラッシュが始まりました。生後2ヶ月すぐに、ロタ、小児肺炎球菌、ヒブ、B型肝炎生後三か月にはこれらに加え四種混合。公費のもの、自費のものがありますが、できれば全部受けておくことをオススメします。

ちなみにムスメは、1歳半にロタにかかりましたが、予防接種のおかげて発熱はなく、数回の下痢と嘔吐で済みました。予防接種してなかったら入院ものだそうで、ほんと、予防接種しておいてよかった。

その時は私も感染してしまったのですが、私の方はがっつり嘔吐と下痢が3日程続いて、しかも二人目の妊娠中でツワリがあったので脱水症状になり、散々な目にあいました。私の実家にまで飛び火して、実家の家族全員仲良く感染しました。ロタやノロレベルの感染症って、みんなでかかると世話するヒトがいなくなって、病院にすら行けないんですよね。病院に行ったところで、対症療法しかありませんが・・・

私もダウン、家族もダウンしているとき、あまりにもしんどかったのでムスメを保育園や市の施設の一時預けをしようかと思いましたが、ムスメのロタがまだ完治していないので病児保育でないといけないなぁ、と思い、調べてみました。病児保育は自宅からちょっと遠いし、事前の登録が必要らしく、断念。急な事態を想定して、日頃から行政サービスを確認しておくことって大切ですね。。

インフルも毎年受けておくといいです。今年はダンナがインフルになったのですが、ムスメへの感染は免れました。子供は手洗いうがい、マスク、感染予防意識などお構いなしに、あちこち走り回ってベタベタ触ってなめて、抱っこ抱っこーなので、すぐに広がりますよね。子供がもらってきた感染症は、今のところもれなく家族で共有しています。

 

3ヶ月検診

というわけで3ヶ月検診。首も据わって順調順調。
首が据わるお出かけがぐんと楽になります。

 

ということで、次回は3~6ヶ月のキロク。

お出かけ事情を中心に書きたいと思います。

 

 

次:子供を産むということ その11 産後3~6ヶ月のお出かけ事情編 - 元リケジョがママになりました。

前:子供を産むということ その9~産後1ヶ月までのキロク - 元リケジョがママになりました。