読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

元リケジョがママになりました。

元研究者の、ちょっと変わった視点で見た「世の中」を綴ります。

デジイチ素人のワタシがカメラのレンズを買ってみた件。【m.zuiko25mmF1.8】

カテゴリー無し。

こんにちは、コガです。
このたび、デジタル一眼のカメラのレンズを買いました。娘やお気に入りのグッズが可愛く撮れて嬉しくて、嬉しさのあまり、つぶやきたいと思います。

ちなみに私は素人です。というか、勉強中です。そして、勉強中といってもあまりお金をかけられない事情もあり、とても狭い範囲で個人的に楽しんでいます。
詳しい方がいらしたら是非いろいろとご教示頂きたいところですが本腰入れて実践できるのはまだまだ先のことかなと思っています。

では本題へ↓

 

 

数年前、結婚祝としてオリンパスのデジタル一眼(E-PL1s)をダンナの友人達からいただきました。それまでコンパクトカメラ、インスタントカメラ、ケータイでしか写真を撮ってこなかった私には衝撃でした。

なんか本格的ー!

カメラと一緒に、標準レンズと望遠レンズがついてきたのですが、まだその違いはズームの差くらいしか知らず、ほぼ「autoモード」で撮影していました。カメラのレンズってこんなに簡単に付け替えられるんだー、と感心するくらい。

 

 

少しずつ操作に慣れてきた頃、たまたま某バラエティー番組でデジタル一眼を扱っていたのを見たということもあって、ちょっとManualモードで撮ってみようかなと思いたちました

どれどれ、Fの値が小さい=絞りが開いて、後ろがぼやけると。
で、絞りを開くと明るくなるからシャッタースピードを上げて撮る、と。

なるほど、光学顕微鏡と一緒ですな。
観察試料の厚さ等に応じて絞りを調節して焦点深度を変える。絞りを開いて焦点深度を浅くすると視野が明るくなるので光源の強さを弱くしたりする。場合によっては露光時間(シャッタースピード)を短くしたりする。

(顕微鏡ってシャッタースピードってあったっけ?と思われる方もいらっしゃると思います。大学以上の研究室で使う顕微鏡にはたいていカメラがついていて、モニター上で観察するのが主流です。シャッタースピードというのも機能の1つについているのです。)

手持ちのレンズは、

① m.zuiko 14~42mm(35mm判換算で24~84mm相当) F3.5~5.6

OLYMPUS 標準ズームレンズ M.ZUIKO DIGITAL 14-42mm F3.5-5.6 II シルバー
 

 

② m.zuiko 40~150mm(35mm判換算で80~300mm相当) F4.0~5.6

OLYMPUS PEN レンズ M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F4.0-5.6 SLV

OLYMPUS PEN レンズ M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F4.0-5.6 SLV

 

 

だったので、Fをとにかく小さくすればいいのかな、と思ってF3.5にしてパシパシ撮ってみました。
おお、背景がボケる!
でも、雑誌なんかでよく見る料理写真とか、人物のポートレート写真には遠く及びません。
ネットでレンズ一覧を見るとm.zuikoシリーズではFの値が一番小さいものでF1.8というものあり、そのサンプル画像はすごいボケ感。これこれ!

それにしてもレンズって高いなぁ。
カメラは貰い物だったので正確な値段は分かりませんが、その内訳のほとんどがレンズ代なんじゃないかな?

 

 

そういえば昔、写真に詳しい研究室の先生に、「ちょっとズームして撮るときれいに撮れる」と聞いたことがありました。ズームするとFは上がるので、ボケ感はFの値だけではないのかなぁと思いつつ、望遠レンズで撮影してみました。
望遠レンズでちょっとズームすると、撮影対象物からけっこう離れないといけませんが、撮ってみると…お、結構ボケ感ありますね。

へー、何でだろう?と思ってネットで調べてみると、なにやら色々解説してあって、話が長くなりそうなので、ここでは触れないことにします。(というか、理系職の私ですが物理の成績は赤点ぎりぎりなので、理解するのも説明するのも自信がありません。)

こちらのサイトで詳しく説明しています。↓

KAN's memo http://www.kansmemo.com/photo/camera/principles/entry-60.html

Studio Graphics Inc. 「デジカメの仕組み」 http://aska-sg.net/shikumi/

 

こちらの書籍もご参考に↓

「体系的に学ぶ デジタルカメラのしくみ」

体系的に学ぶ デジタルカメラのしくみ 第2版

体系的に学ぶ デジタルカメラのしくみ 第2版

 

  

 

私の親は昔一眼レフカメラを持っていて、私の写真をきれいに残してくれていたので、詳しいかなぁと思って聞いてみると、

「レンズはとりあえず広角レンズと望遠レンズ1種類ずつ買ったよ。当時はズームレンズなんてなかったから、いちいち付け替えていたよ。運動会のときなんて、レンズの付け替えが間に合わなかったりして、よく母さんに怒られたよ。」

わが子がちゃんと大きく写っていないと怒られる、そのためのレンズ交換により撮り逃すとやはり怒られる・・・。カメラ担当の父親の切なさよ。

 

 

それはそうとして、「広角レンズ」かぁ。

手持ちの①のレンズも比較的広角側だけど、m.zuikoシリーズでは9~18mmという超広角があるようです。

③ m.zuiko 9~18mm(35mm判換算で18~36mm相当) F4.0~5.6

OLYMPUS 超広角ズームレンズ M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6

OLYMPUS 超広角ズームレンズ M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6

 

 

サンプル画像を見てみると・・・おお、今までのとは全然違う!風景の存在感!空気感!

今まで旅行先で風景メインの画を撮ってもいまいちな写真しか撮れなかったけれど、このレンズなら撮れそうな気がする!やっぱり「わが子がいる風景」を撮りたい!

でもお高い!

ということで、中古品を購入してみました。

早速撮影。すごーい!子供を撮ってもちゃんと風景が撮れてる!子供の顔が入り込んでいるのでこの時の写真はアップしませんが、遊園地の観覧車から数十メートル離れた地点で子供を撮影したら、観覧車の全景が収まるレベルです。

口コミで、「写真を撮るのが楽しくなるレンズ」と書いている方がいましたが、まさにその通りだと思いました。

 

 

そして今回購入したレンズ

④ m.zuiko 25mm(35mm判換算で50mm) F1.8

OLYMPUS 単焦点レンズ M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8 SLV

OLYMPUS 単焦点レンズ M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8 SLV

 

 

写真を使ったwebデザインを少しやるようになって、やっぱりポートレートや小物撮りできるレンズが欲しいな、と思うようになりました。ポートレートは②の望遠レンズで対応していたのですが、撮影対象から離れないといけず、カメラを向けるとすぐに近づいてくるようになったわが子を撮るには不便を感じるようになりました。

m.zuikoシリーズでは45mm(35mm判換算で90mm) F1.8と75mm(35mm判換算で150mm)F1.8というものがありましたが、もうちょっと寄りたいところでした。しらべてみると、45mmのほうでも「晴れた日の外では明るすぎてちょっと・・・」という口コミもありましたので購入をためらっていました。

最近になって久しぶりにレンズラインナップを見ると、、、2014年2月発売(new!) 25mm F1.8というレンズが!これ、たぶん私にちょうどいいやつだ!

ということで購入。

実家に植わっているサボテンがすごくかわいらしく撮れたり、親バカ目線で娘が撮れたり(うちの子だけしか目に入らないわ!という目線)。すっかりF1.8を堪能しています。

あとは、これらのレンズたちの性能をちゃんと活かすために、撮影のウデを磨くべし、ですね。

 

 

手持ちのレンズたちでお猿さんの写真を撮ってみました。

ボケ感、画角、それぞれ特徴があるので、楽しんでいます。

 

① m.zuiko 14~42mm(35mm判換算で24~84mm相当) F3.5~5.6

焦点距離14mm/F3.5/露出時間1/25/ISO-100

f:id:ssca:20140628090736j:plain

 

② m.zuiko 40~150mm(35mm判換算で80~300mm相当) F4.0~5.6

焦点距離53mm/F4.3/露出時間1/20/ISO-100

f:id:ssca:20140628090804j:plain

 

③ m.zuiko 9~18mm(35mm判換算で18~36mm相当) F4.0~5.6

 焦点距離9mm/F4.0/露出時間1/25/ISO-100

 天井付近まで入ります。散らかった室内も、じぃじの足もしっかり写りこんでますw

f:id:ssca:20140628090838j:plain

 

④ m.zuiko 25mm(35mm判換算で50mm) F1.8

焦点距離25mm/F1.8/露出時間1/60/ISO-100

ふわっとしたかんじ。明るいです。後ろが雑然としていても気にならないw

f:id:ssca:20140628090817j:plain